トレインスコープ Feed

2015年11月14日 (土)

衝撃の発表…

近鉄から衝撃の発表がありましたね…

Toxtukyuutennbou

ACEのリニューアルに合わせて汎用特急の塗装変更。
対象はACE、Ace、サニーカー、VistaEX、吉野特急軍団…

ということは…

Img_2183

うちの主力のAceも塗りなおし?
GMから出るだろう新塗装を買いなおし?

Img_1318

うちのカメラカーのACEも塗りなおし?
GMから出るだろう新塗装を買いなおし?

Cimg0263

VistaEXはBトレでしかないからまあいいか…

Img_1023

12200系も塗り替え対象にないからまあいいか…
いやいや、塗り替えられないってことは廃車か…

5inch_ace

作りかけ(?)の5インチAceもどうしよう…

Cimg0686

今年のきんてつ鉄道まつりで発売されたのは
新旧塗装のさくらライナーでした。

来年のきんてつ鉄道まつりは新旧塗装のACEか?

2013年10月20日 (日)

全焦点マクロを使ってみた

前々回前回と新しく買ったiVISminiネタが続いてますが
今回は(運動会後に)新しく導入したコンデジの話題デス。

Img_0038上が今まで使ってたEX-ZR200、下が新しいEX-ZR400です。
ZR200導入からまだ1年半ですが、ハードワークに耐えかね随所にガタが…
(写真のように電池とSDのカバーがテープで止めてたりします)
そのため同じくCASIOのハイスピードデジカメZR400に更新しました。

電車撮るにはどうだこうだ言ってたので次はCANONに戻ろうかと思いましたが、
子供撮影機能の強さに惹かれてまたCASIOさんのお世話に。
ZR1000のチルト液晶にも惹かれましたが、結局値段とサイズでZR400に。
それにしてもデジカメって安くなりましたねぇ。メーカさん大変だ…

Cimg0057ZR400もZR1000も最新モデルではなく、すでに旧型ですが機能は充実。
プレミアムZOOMとか言う高速連写を生かしたデジタルZOOMを使ってみました。
ZR400デビューは西大寺。車庫の入出庫線も今までより大きく撮れてるような…

Cimg0173デビュー戦でいきなり貴重なしまかぜ西大寺入線狙ったのは失敗でした
PremiumAUTOproもしまかぜの鋭い眼光にびびったようです…
(これが前回書いた二兎を追うものは…のお話)

Cimg0222 でも、京都に向かう3200系の運転席後ろかぶりつきから、
回送しまかぜをばっちり撮れたのでカメラのせいではなく、
使う人の腕次第かな?(マニュアルで置きピンして撮影)

Cimg0138 さてさてタイトルの全焦点マクロの話に戻るため、
また西大寺に話をもどして、最近のカメラには当たり前の
ミニチュアモードで駅を撮ってみたというお話。
このくらいリアルな西大寺駅をNゲージで作りたい…

Cimg0079 ある範囲だけにピントを合わせ、ミニチュアっぽく見せるモードですが、
CASIOのこのモードはある幅だけにピントをあわせ、他の領域を
ソフトフォーカスにするっぽく、あまりミニチュアっぽくない。
(ピントが合う幅の位置は上下左右等変更可能)

Cimg5334
被写体がNゲージみたいに小さいミニチュアだとどうしてもピントが
全体に合わせられないので一部だけにピントが合うミニチュアっぽい
写真になってしまうのであって、本当はミニチュア撮るときにも
端から端までピントを合わせたいんです。

で、以前、端から端までピントが合う逆ミニチュアモードを
高速連写を活かしてCASIOさん作ってよ!といったら、
なんと本当にできてしまったようです。
(残念ながらソフトのアップデートではなかったけど…)

Cimg0235普通に撮るとこんな感じで、ACEの顔にしかピントが合わず、
後ろに止まっている電車は何か分からないけど… 

Cimg0236逆ミニチュアモード「全焦点マクロ」で撮影するとこんな感じ。
端から端まできれいにピントが合っている!超感動!!

Cimg0233できるだけ広い範囲にピントを合わそうと、一眼レフを
使ったこともあったけど、こんな奥行きが深い構図で
全域ピンとあわせるのは至難の業でした。

Cimg0234 でも全焦点マクロならこの通り!
ピントをずらして高速連写してカメラ内で画像処理する仕組みだから
この写真だと背景の天井と壁の境目にノイズ発生してるけど、
電車とホームはほぼ全域ばっちりピントが合ってます。
こりゃレイアウトの背景もおろそかにできませんね…

Cimg0237 奥の奥までピントがあっちゃうから、今までだと写らなかった
ガラクタまで丸見えなのでえらいこっちゃです…

全焦点マクロの話題ついでにもうひとつ気になるカメラネタを…

Tcm9518md_400 東芝から出た二眼カメラモジュールTCM9518MDです。
スマホ用のカメラモジュールのようですが…

Function_image_ja2 なんと二眼を活かしたディープフォーカス機能、
つまり全焦点マクロ機能があるではないですか!
(専用画像処理LSIと組み合わせて実現)

カメラモジュールのサイズは8mmx12mmx4.65mmと
Nゲージに充分内蔵できるサイズなので…

Img_3063
次期カメラカーにぴったりと思うのは私だけ?
ちなみに↑のトレインスコープTC-9のカメラサイズは
11.5mmx11.5mmx9.5mm(ただし送信機一体)なので
TCM9518MDも充分Nゲージに載せられるように思います。

Pic_111955_2
TC-9は無線で動画をリアルタイムに伝送できますが、
640x480のBS画質。BSと言っても古いアナログなので
東芝モジュールの1300万画素相当には興味津々。
送信機能はWifiがSDカードに入っちゃう時代なので
なんとかなるとして、専用LSIがNゲージに載るか気になります…

Img_6490
当社には次期カメラカー候補として導入した
怪しいミタマンマカメラもそのまま放置されてますが、
静止画ならHV撮れるけど、こちらも動画は640x480が限界。
サイズも大きいし無線で画像伝送はできません。

カメラカー以外にもいろいろ部品がたまってるので、
秋の夜長に電子工作…と行きたいところだけど、
実際にはなかなか進みません…

2012年12月 1日 (土)

Maker Faire Tokyo 2012

もう12月ですね。今年もあと1ヶ月で終わりと思うと
少し焦ってしまう今日この頃ですが、
今日は、この週末に東京で開催されている
Maker Faire Tokyo 2012に関連する(?)話題を少々。

Mft2012
Maker Faireは、世界最大のDIYの祭典です。
残念ながら都合あわず行けませんでしたが、
水道橋重工さんの巨大ロボット「クラタス」
BRAVE ROBOTICSさんの自動車に変形する
2足歩行ロボット
(本物のトランスフォーマーだ!)
なども展示されるみたい。いつかは行ってみたいイベントです。

いすばすでんてつ的に気になるのはやっぱり3Dプリンター。
備忘録的に最近見た気になる記事をご紹介すると…

↓の記事を見て、ついにNゲージレイアウトに自分や家族を
登場させられる!と期待してみたものの…

01
いまの自分をフィギュアとして記録できる「OMOTE 3D SHASHIN KAN」がオープン

残念ながらNゲージには大きすぎました。
しかも長時間の静止が必要で子供は無理っぽいです。

フィギュアがダメなら電車や建物でも作ろうかと思って
最新の3Dプリンター動向を見てみると…

03
MITの学生が開発した携帯可能な3Dプリンター

射出型(?)3Dプリンタの動作原理も分かる動画があります。
動画を見ると、射出型の3Dプリンタは精度悪そうで、
精密なNゲージ車両の造形には向かない予感が。

それに、これって携帯できるって言えるのかな?
携帯できなくても、収納スペースは小さいほうがうれしいですが…

05
RepRap DIY 3DPrinter

こちらは国産の個人用3Dプリンタ。
Maker Faire Tokyo 2012にも参加されるようです。

だんだん3Dプリンタが身近になってきているのは事実だけど、
Nゲージの工作ができる高精度の3Dプリンターが
普通のプリンターみたいに家庭にやってくるのはまだまだ先?
でも、こんなサービスもあるようで...

02
1980円からの立体出力。デジモデはホビーユーザーを応援しています!

自宅に3Dプリンタがなくても1980円から立体出力ができるそうです。
しかもこちらは光硬化型なので高精度にも対応。
これはとってもうれしいサービスです。

早く何かモデルを作って一度試してみたいけど3DCADがない…
でもでも探してみると…

04
あの無償3DCADのその後--もっとCAD初心者寄りに

3Dプリンタ出力にも使える基本利用無料の3DCGツールのリスト

以前にも紹介しましたが、123Dがどんどん進化してますね。
Nゲージの車両や建物を作るには、3DCGソフトより
寸法関係がはっきりしやすい3DCADの方が便利。
CADの経験は乏しいので、123Dが初心者寄りになるのはうれしいけど、
CADからどんどん離れていって、寸法入力がやりにくくなるのは微妙…

Cimg7104
こういったDIY環境の進化に呼応して、
ネコパブさんからこんな本が出ました。

Cimg7107
3Dプリンターによる車両自作の記事もちょっとだけありました。

Cimg7106
5~10年前に話題になった3D切削器モデラの記事もありました。
光硬化型の3Dプリンタが身近になってくると切削型は消えそうな予感…

Cimg7105
3Dプリンタが身近になるまでは3Dプリンタの外注と、
身近になってきたカッティングマシンの併用がいい感じ?
カッティングマシンで平板を2次元加工して、
それを積層すれば3Dプリンタと同じ事できる?と思っていると...

革新的にリアルな「紙」3Dプリンティング:受け取りはチェーン店で

近所にもあるカメラのキタムラあたりがこんなサービス始めてくれないかな?

Cimg5334
車両や建物工作への応用ばかりを考えてたけど、
3Dプリンタがあれば、オリジナルレールやオリジナルポイントが出来るかも。

完全自作は大変だけど、市販製品のレールやポイント機構部を流用して、
道床部分を3Dプリンタで自作(外注)。道床部分も市販品の寸法を流用すれば、
市販ポイントを組み合わせて↓を作るくらい朝飯前かも…

Img_0547b
Img_0547a

でも、やっぱり新しい技術と軍事は密着しているようで...

米陸軍が業務用3Dプリンタを開発中

3Dプリントにより米軍で未知の環境の視覚化が向上

3Dプリンターで武器を作ったらどうなる?

06
密かにカメラカーや西大寺ネタ撮影に使えそうと
購入機会を伺っているこのカメラ付RCヘリ
偵察用程度なら使えそうだし…

最先端技術と軍事利用、悪用は切りたくても切れない関係だろうけど、
せめて、いすばすでんてつでは徹底的に1/150世界での平和利用を
追及したいと思います...

2012年6月23日 (土)

Loftの節電対策?

大飯原発が再稼動に向けて動き出しましたね。
ここでその是非をとやかくいうつもりはありませんが、
政治的ではなく技術的な判断をしっかりしてもらって、
とにかく安全第一で何も起こらないことを祈るばかりです。

そんなことをちょっと考えながら今日も西大寺再現ネタで…

Img_7680
かな~り前にAKBで買った格安LED電球です。
一緒に写ってる日食グラスが購入時期を暗示...
Loftの節電対策、というのも嘘ではないけど
実はいろいろ狙いがありまして...

Img_7693
西大寺の駅舎がちょっとそれっぽくなったので
ひさびさにトレインスコープを出動させて
運転席目線で西大寺っぽいかどうか見てみました。
(カメラカーが2号線に入線しようとしてます)

Img_7694
カメラカーの場所にデジカメを置いて撮るとこんな感じです。
左側の駅入口階段が西大寺と違うのでうそっぽいけど、
橋上駅舎やたくさん並ぶ線路は西大寺っぽいと言えなくもない?

Pic_111352_2
でもカメラカーから届いた映像は真っ暗!

Img_7697
そんなアホな!と思い、蛍光灯のスポットライトを当ててみたけど...

Pic_111836
明るくなったけど画像は白黒のままです...
これはひょっとして?

Pic_111955_2
はい、単なる電池切れでした。発色もよく総天然色です。
ここからが本題。これまでのLoft照明は白熱球なので
ホワイトバランス調整が出来ないカメラカーでは色が変でした。
それを節電対策ついでに昼白色LEDに変えて見ようという作戦です。

Img_7699_3
まずはデフォルトのミニレフクリプトン球です。
とてもいい雰囲気を作ってくれてましたが暑い!

Pic_112029
カメラカーの映像です。明らかにホワイトバランスが変。
天井に光を反射させているので影が自然光っぽくいい感じ。

Img_7701
お次は昨年導入した電球色のLED電球。
某DIY店には2ヶしか残っておらず、西大寺側には未導入でした。
実際には暗いのにデジカメさんが明るく見せてくれちゃってます。
そのため天井に向けて反射光とはせず、下向きの直接光で使用。

Pic_112209
電球色なのでホワイトバランスがやっぱり変。
と言ってもLEDなのでちょっと白熱灯のときと色味が違います。
反射光ではなく直接光のため、影がくっきりでてます。

Img_7703
やっとこさ本題の昼白色LEDの出番です。
実際には暗いのにデジカメさんが明るく見せてくれちゃってます。
こちらも天井に向けて反射光とはせず、下向きの直接光で使用。

Pic_114331
あちゃ~暗い!こりゃ失敗です..。
ホワイトバランスはOkっぽいですが...

Img_7712
デジカメで撮るとこんな感じで結構明るいんだけど…
WEB上にあるほかの方の作例を見ると
トレインスコープでも結構ちゃんと撮れてるんだけど…

Img_7713
最後の悪あがきに駅舎をずらして影をなくしてみましたが…

Pic_114421_2
ちょっと改善されたものの劇的な効果はありません。
うちのLoftというかLED電球が暗すぎるようです。

Img_7702
左が元のミニレフで、右2つがLED電球です。
どちらもE17口金ですが、LEDはレフ球ではないので
光源が奥まってしまっていて、それが暗い原因かも…

Img_7710
とりあえずカメラカー対策はさて置き、
節電と熱対策で全てLED電球にしてみました。
電球色x2、昼白色x2なので電球色を上向きにして演色性、
昼白色を下向きにして作業時の光量を確保してみたけど、
写真とは違って実際はとても暗いです…
LEDじゃなくて蛍光灯にすればよかったような…

Img_7714
デジカメで撮影する分には明るくなった気がします。
ホワイトバランスも良好でノイズも減ったような。

Img_7716_2
最後の2枚は駅入口階段の方向を本物っぽくしてみました。
最初からこうやってカメラカーを出動させればよかった…

Img_8046
西大寺駅の資料ないかな~と探していると、
近鉄創業100年記念社史に西大寺駅の変遷がありました。

Img_8047
駅の位置も移動してるし、昔は車庫が奈良線に並行だったなんて…
大改良があったと何かで読んだ気はしますが、こんなに大改良だったとは。

今となっては遺跡の件もあるし、変更の余地なく大丈夫と思いますが、
Loftに西大寺再現が出来たとたんに高架化!なんてことがないことを祈ります…

2012年4月25日 (水)

AKBでお買い物(その3)

今年になってから出張寄り道AKBで買ったもの第3弾です。

Img_6538
だいたい模型屋さんに行って終わりですが、
たま~にAKBらしいガラクタ屋さんにも立ち寄ってみます。

Img_5530
ちょっと気になってた商品がたまたまアウトレットで
半額になっていたので買ってみました。

Img_6467
耳掛け形の小型カメラ、その名も「ミタマンマカメラ」です。
怪しい使い方も出来そうな小型の動画も撮れるデジカメです。
で、何に使うかと言うと...

Img_6468
カメラカー2号車です!無線で画像を飛ばす機能は
ありませんが、ノイズのないクリアな動画が撮れるはず。

Ak000004
試しに撮ってみました。
やはり電球色の薄暗いLoftだとこれが限界?

Ak000008
蛍光灯で光量を補うと色の際限度はまずまず。
トレインスコープのようにこういった使い方を
想定してないからか、ややピントが甘め?

Img_6472_2
トレインスコープはNゲージのボディ内に収まるけど、
ミタマンマカメラは少し高さが大きすぎる?
幅と長さはOK。何とかなりそう。

Img_8386
近鉄電車の先頭車で高さがあるといえば「楽」くらい?
カメラカー用に楽をフルスクラッチするのもありかも...

Img_6479
定価で買ってたら怖くて出来ないけど、
半額で買ったアウトレット品なので容赦なく分解。

Img_6485_2
カメラはトレインスコープよりもかなり小さいです。
カメラと基板を繋いでるフレキシブルケーブルを
なんとかして直角に曲げられれば基板を立てずに済むんだけど...

Img_6490
基板を立てたままにするならやっぱりAceじゃ入らず、
楽のフルスクラッチが必要かも...

基板の向こう側に付いてるUSBのコネクタどうしよう?
充電もファイルの抜き取りもこのUSBを使います。
がんばって楽の中に入れ込まず、
当分は基板むき出しで走ってそうな予感がします...

2012年2月23日 (木)

大和西大寺駅の問題と対策?

久々にyoutubeに動画をUPしました。


YouTube: 続・近鉄大和西大寺駅をNゲージで再現?


YouTube: トレインスコープTC-9でLOFT周回レイアウトを撮影してみた

この動画だけ見てると、問題なく動いているように見えますが、
分岐器だらけの西大寺駅は課題だらけです。

06
まずどちらの動画にも出てくるAceの入線シーンですが…

05
ダブルクロス通過時によく引っかかって急停車します。
モータロックとなり電圧下がって↑のようにライトも消えます。
動画はTake2撮ったところでメモリ切れ、撮影終了になり、
YouTubeにのっけた動画は編集で切り継ぎしてたり…

Img_5376
ダブルクロスは電気配線も運転もややこしいです。
中央にギャップ(電気的な絶縁)があるため、
エンドレスでない車庫線には専用のコントローラが必要。
今回は動画撮影のため急遽仮配線実施しました。
仮なので駅入線時には本線のコントローラと同調運転が必要。
早く回路整備してデュアルキャブコンにしないと…

Img_5377
無事引っかからずにポイントを通過したと思ったら…

Img_5379
本線と車庫線の交差部分で先頭車の脱線発生。
神の手で迅速に事故から復旧したものの…

Img_5380
今度は最後尾が異線に割り込み発生。

Img_5374
これが問題多発のダイヤモンドクロスです。
平面交差の必需品でうちの西大寺には3つもあり…

Img_5371
京都線と奈良線の交差部では8000系の脱線事故多発中。
よく脱線するので社員はこの車両は運転しません。

03
ここのトラブルはカメラカーでもばっちり記録されてました。
神の手による事故復旧シーンもこのとおり。

04
よし、脱線せずに無事駅に着いたと思ったら、
一番後ろの1両が問題のポイントで自然開放して置き去りに。
ちゃんと再現された広幅貫通部がよく見える…
なんていってる場合じゃないけど、って写真じゃ分かりづらい?

同じマイクロ製でも伊勢志摩ライナーはここでの脱線皆無。
ほかの車両も脱線しないし、奈良線と橿原線の交差でも脱線なし。
なんでだろう?微妙な線路や車輪の段差が原因?
やっぱり鉄の道は奥が深いなぁ…

ん?仮に0.1mmの段差があっても、実車換算すると15mmの段差。
そりゃ脱線するのも当然か。課題課題といいつつ、普段そんなに
トラブルあるわけでもないし、Tomixの線路ってすごいなあ…

2012年2月 6日 (月)

鬼は外、鉄は内?

2月3日と言えば節分です。
恵方巻を食べて、子供たちと一緒に豆を撒いた翌日…

Img_4999
家の外に見慣れぬクルマが…
車検中のFREEDくんの代車、Insightくんです。
1泊2日でちょこちょことInsightくんを乗り回しましたが…

Img_5007
やっぱりToyotaのPriusやNissanのLEAFと比べると普通のクルマでした。
HondaもIMA=Integrated Motor Assistと名付けてるくらいですから…

でもシステム動作画面を見てると結構ガソリン使わずにモータだけで走る
場面も多いみたい。停車時のアイドルストップ以外はエンジン回ってるから
普通のクルマっぽいですが、ちゃんとガソリンをケチってて燃費は良さそう。
車検上がりのFREEDに乗ると、あ、ここはInsightならモータだけで走るのに…
とか、エンジン止まってるのに…という場面が多く、とてももったいなく感じました。

で、ここからが本題。いつも週末はどたばたして飛び回ってますが、
家にいると社員にせがまれては、ちょこちょこLoftへ…

Img_4956
まずは西大寺西側の小変更いろいろ。
1つ目は京都線の線路(8000系がいるところ)を少し延長。
奥で上下線が1つにまとまって1本の引き上げ線に集約されてます。
ここと車庫を使うとLOFT周回本線の上下線の車両交換が出来る設計。

もう1つはLOFT周回本線のカーブ。以前はポイント直後に複線レールを
使った勾配のカーブがあって、ダイヤモンドクロス部で脱線がよく発生。
対策としてカーブ半径を小さくしつつ、駅を少し東側に移動してポイントと
勾配開始点間に直線線路を追加。前回カメラカー直前での脱線を披露した
8000系も脱線なく通過するようになりました。

Img_4958
余った複線レールを使って反対側のコーナーに高架線が復活。
まだ複線線路が不足しているので上がってもすぐ下りる短さですが、
シーナリーなしの単調なレイアウトの中にあって、架線柱も完備していて
ちょっとしたアクセントになっています。

Img_4960
架線柱と言えば、KATOの鉄骨トラス架線柱在庫がまだあったので
高架からS字カーブまでの区間を途中駅も含めて電化しました。

Img_4961
途中駅の様子です。ホーム部分は車庫用に購入したKATOの4線架線柱を採用。
ちょうど対向式ホームをまたいでますが、これはワイドPCレールの側面を
切り落とさずにそのままホームを配置しており、ホームと線路間が非常に大きいため。
駅に電車が停車しても車両とホームの隙間が多く、とても乗降できそうにありません…

Img_5064
残る大きな変化はPR541-15を2ヶ追加して西大寺駅と車庫が接続され、
留置線4本の供用が開始になったところです。まだまだポイントが足りず、
3,4,5番線から出庫線にしか繋がっていませんが、社員のリクエストに答えて
いろんな電車を本線に送り込めるようになりました。
ただし、複雑な分岐をなかなかうまく通過できず、ほとんどの電車が
分岐の途中で立ち往生したり、異線誤進入したりします…

Img_4964
社員たちが寝た後、社長はLOFTで石板(HPSlate2)にカメラカー用の
キャプチャーセット一式を追加中…

Img_4965
解像度がSA5と同じ1024x600なので画面解像度不足の警告が出ますが…

Img_4966
SA5の非力なCPUと違って無事セットアップ完了。
カメラカー運転席からの画像が石板に表示されています。
後ろに写っているのは蛍光灯の投光機で…

Pic_002641
今までカメラカーから送られてくる映像は、LOFTの電球色照明のため
ホワイトバランスが合わず色気のない画像でしたが…

Pic_002611
蛍光灯投光機があればご覧のとおり総天然色の映像が石板に送られてきました。
これで無色の原因がカメラではなくLOFTの照明であることが証明されました。
かといっていい雰囲気のLOFT照明をカメラカー用に蛍光灯にするのもなぁ…

Img_5053
社員にせがまれて久々にあおぞらⅡが登場。
これも蛍光灯投光機を使っての撮影なので明るくきれいに写りました。

Img_5056
このあおぞらⅡ、屋根上のアンテナやヒューズBOXなどがまだ付いてません。
定期運用を持つほかの車両でさえ部品未取り付けなのに、なかなか出番のない
団体専用車にはなかなか手が回りません。せっかくの機会だからアンテナを
付けようとしましたが、小さい部品がうまく付けられず…

昔はあっさり付けられてのに、まさか年のせい?
社員がいたからとか、暗かったからとか、寒くて指先の動きが悪かったからとか、
他の原因ということにしときましょう。

Img_5034
上の写真は5インチゲージの床下を社員が撮ったもの。
子供たちがバシャバシャと撮った、意味のない写真30枚の中にあった奇跡の1枚。
5インチゲージってこんなアングルから見ると本物みたい…と新しい発見でした。

5インチゲージなら細かい作業はなく、年をとってからでも大丈夫?と思いつつ、
でも大きく重いので、部品や作業スケールが大きく、それはそれで大変。
庭園鉄道といいつつ、たまに社員を乗せてLOFT内で試運転する程度で、
残念ながら特に進捗はありませんが、年をとってからでも大丈夫とか言ってると
社員が一緒に遊んでくれなくなってしまいそう。早く完成させないと…

2012年1月31日 (火)

Nゲージの運転席から…

今日もN700系で移動中です…

Img_4968
反対行きのホームにもうすぐなくなる300系が入線!
あわてて写真撮ろうと思ったらN700系がかぶっちゃった…

さて本題のいすばす電鉄Loft周回線。

Img_4761
休みの日には毎日のように運行中です。
今日はカメラカーの運転席からの前面展望をご紹介。

001
早速西大寺駅から奈良方面に向けてぐるっと出発進行!

002
出発すると車庫への分岐。伊勢志摩ライナーが止まってます。

004
直角カーブを曲がると長い直線。
ちょうどアーバンライナーnextがやってきました。

007_2
エンドレスを半周進むと中間駅。
エンドレスなのでここでまたULnextとすれ違い。

Img_4795
カメラカーを走らせると沿線には見物客が集まります。

010
Loft入口を越える鉄橋を渡ると…(ここにも見物客が…)

011
西大寺駅に到着。京都線の電車も同時進入?
(実は置いてあるだけ。ここにも見物客が…)

072
調子にのって反対方向にも出発進行。
(このあと調子にのりすぎて大変なことが…)

052
京都線との分岐を通過します。

053_2
いきなり鉄橋を渡ります。同じ鉄橋でも反対から見ると
全然イメージが違います。バックが違うから?

054
S字カーブで急に伊勢志摩ライナーが出てきてびっくり。

057
その後は何事もなく車庫との分岐を渡って西大寺に到着。

058
何事もなかったのですれ違いチャンスを増やそうと
右端に止まってた8000系も本線へ…

064_6
8000系とすれ違い。次はISL!と喜んでいたら…

059
ちょうど西大寺駅ですれ違いになり…

062
なんと運悪く正面衝突発生。
8000系を本線に出すため切り換えたダブルスリップが
そのままだったみたい…ショートの心配なく交差できて
とても便利なDSにこんな落とし穴があったなんて…

066
他にも8000系西大寺駅進入と同時に出発してたら…

067
んぎゃあ!目の前で8000系が脱線事故発生!
保線作業も不十分なのにちょっと調子に乗り過ぎでした…

でも2列車を十分運転できる周回距離があることも分かったし
カメラカーで2列車とすれ違う楽しさも確認できて収穫大。
ATSや自動運転はまだまだ先だとしても、せめて分岐だらけの
西大寺駅の脱線対策くらいしなくては…

それにしても複線間隔が広いTomixでよかった。
KATOだったら複合事故になってこっちも脱線してたかも。
いつもは複線間隔広すぎって文句言ってるけどさすがTomy。
ひょっとしてこんなことまで想定してるのかな?

2012年1月 1日 (日)

2012年事業計画

Isubasurail_b  
あけましておめでとうございます。
いろんな大変な出来事があった2011年も終わり、
いよいよ新しい年のはじまりです。

新年1発目の記事なので、昨年の活動を振り返りつつ、
今年の事業計画を発表したいと思います。

まずは5インチゲージの庭園鉄道部門ですが…

Img_1085
昨年はゼロからスタートして、家の外周3/4に線路を敷いたところで計画中断。
余ったレールを使ったLOFTの試験線(下の写真)で小運転する程度でしたが、
今年は外での運転活動を強化したいと思います。
といってもご近所のお子様方に襲撃されるのもまずいので、
まずは目立たない東線、北線で試運転開始?

Img_3264
車両製作もとりあえず走るレベルで中断しているので、
まずは2軸駆動化、補重により西線の30‰勾配で起動できる性能を確保し、
その次はボディ製作、3両目製作と進めたいところ。
庭園鉄道は天候とご近所のお子様方の動向次第なので、
事業計画どおりに進むか不安ですが、そんなときにはこれまでの
建設記を動画にまとめてYoutubeに…なんて計画もあります。

続いてLOFT周回レイアウト部門ですが…

Img_4342
庭園鉄道と同じく、昨年一番躍進した部門です。
なんせ昨年正月時点では何もありませんでしたから…
今年もまずは最大のプロジェクトである大和西大寺駅の再現を進めましょう。
これに関連してポイント制御や自動運転の研究開発も進めたいと思います。
LOFT周回レイアウトの全体計画(奈良線再現)も徐々に決まりつつあるので、
いずれここでご報告できると思います。

006
車両部門ではトレインスコープを搭載したカメラカーとその周辺技術開発が
最大の課題です。まずは現在の試作車(ACE)で技術を確立し、その成果を
活かした第2編成(各停系?)も計画中とか…
そのほか現有車両の室内灯取付率UPや、車番、行先表示の整備、ウエザリングなど
基本的な車両整備ももちろん計画中。毎度計画だけで進んでいないのですが…
車両増備計画では、買い逃したアーバンライナーnextの導入や、2~3月発売予定の
1233系群の増備も計画中。手持ちキットを使った保線車両の開発計画も
数年前からありますがどうなるでしょうか?

お次はテーブルレイアウトですが…

Img_1711
昨年最も進まなかった部門です。
工作するよりもむしろ社員による破壊活動が進みました。
駅、山のシーナリー工作が当面の課題ですが、
昨年これらが進まなかったのには実は理由がありまして…

このレイアウトは自動運転ありきで製作中のため、
それら影響が大きいところはどうしても後回しにしてました。
当初は完全自作の予定でしたが、いつまでたっても出来ないので、
こばるさんのマイスターコントローラ導入検討を昨年ずっとしてました。
どうやら導入すれば楽しいことが出来そう…との検討結果が上がっているので、
あとは予算と工数が確保できるかどうかです。
(西大寺再現とLOFT周回部門の車両増備に予算が取られて…)

車両部門も入線可能両数の関係から微妙にLOFT周回線と異なります。
2両編成が主体なので、こちらはディティールアップしてシーナリーの中を
自動運転させるというのもいいかも…との野望は実現するでしょうか?

最後はBトレ部門です。

Img_9516
昨年は「Bトレのすべて」の取材もあり小ネタが結構蓄積されました。
でも12400系改造のVistaEX新造、8000系改造の1026系新造など
大掛かりな車両工作は進まず。

余談ですが「Bトレのすべて」にも掲載された上の写真をうちの奥様が
つい最近ご覧になり、「アーバンライナーnext持ってるやん」と…。
「これはBトレでサンタさんにお願いしてたNゲージじゃないんだ」と反論するより、
「アーバンライナーnextってわかるようになったんだ!」と素直に喜びましょう。
その方が2012年の事業計画は順調に進むはず?

Img_9509
奈良線風レイアウトも以前のまま進捗なし。
元々LOFT周回レイアウトのイメージ検討のために作ってるので、
こちらがLOFT周回レイアウトに抜かれると大変です。
春には限定販売時に買いそびれたシリーズ21や阪神1000系が
一般売りで再販されるので、コレを機に一気に仕上げたいところですが…

以上、いずばすでんてつの2011年事業報告と2012年度事業計画でした。

どの部門の計画もずっとやりたくてうずうずしている内容です。
このBlogに寄せられたコメントやアクセス数も事業方向性に影響大で、
これの続きが見たいとリクエストされるとそっちに進むかも…
「庭園鉄道」で検索してこのBlogに来ていただく方がとても多いので、
最優先は庭園鉄道?でもYouTubeだと西大寺のアクセス数が多いので…
さて、今年の模型初めはどの部門からにしましょうか?

こんな感じでネタ満載、成果ちょぼちょぼのいすばす電鉄ですが、
今年も何卒よろしくお願いいたします…

2011年11月28日 (月)

ひさびさに工作…

工作の秋といいつつ、仕事とイベントで休日もなくなり、
気付くともう11月最後の週末ではないですか!
こりゃいかん。出張後の寄り道で買った部品を使って
ひさびさに工作してみましょう。

Img_2794
出張後の寄り道でAKBの秋月によって買ったブレッドボード。
ブレッドボードって昔はもっと高かったような…
ブレッドボードと同じ回路配置の基板(写真右端)なんてのもありました。
これさえあればあれもこれもそれも作れるぞ…と妄想中。

Img_2798
ほかにも欲しい部品あったけど、夕方の秋月店内は人、人、人。
帰りの新幹線の時間を気にしながら買い物できる状況ではなく…
他の部品はWEBで買うとして、取り急ぎ買ったのがカメラカー用の
電池BOXと小さなスイッチでした。数十円のものを買うのに
送料かかる通販使うのもねぇ。

Img_3031
ひさびさに半田ごて登場。昔は半田の煙を吸いながら
工作 してたけど、よく考えるとPb入りだった。
うちの半田もPbフリーに変えなきゃと思いつつ、
換気扇回しながら在庫のPb入り半田で工作を続けます。

Img_3032
まずは電池BOXをカメラ基板につなぐため、
不要になるコネクタを取っ払います。

Img_3033
ここで早速失敗その1。
思わず力が入ってしまって、片方の端子が
パターンごとめくれあがってしまいました。
いろんなところに代わりのPADがあるGND側でよかった…

Img_3035
失敗その2。
電池BOXにリード線を付けてたらケースが溶けて
端子があらぬ方向に曲がっちゃった…
実はこれ予備の電池BOX。
1個目の電池BOXで結線終わってテストしてたら全く動かず…
原因を確かめると電池BOXの端子カシメが接触不良。
(秋月のWEBにも書いてあったよくある不良に見事ヒット!)
やむなく予備の2個目に結線をしてたらこの有様です。
予備3個目なんてのはないので、結局接触不良の1個目を
だましだまし使うことに。

Img_3042
電池切れすると車体を外して電池交換が必要なので、
床下に小型スライドスイッチを取り付けて電池節約…

Img_3043
ピンバイスで適当に穴を開けてスイッチの端子を通します。

Img_3053
スイッチの端子がウエイトと干渉するので
深夜のリビングでウエイトを金ノコでギコギコ切断。

Img_3054
リード線をスイッチに付けて床板に通しました。
スイッチの固定は余った端子を曲げただけ。

Img_3055
配線完了。トレインスコープの元の電池用コネクタを外して
単4電池BOXとスイッチを付けただけの簡単工作です。

Img_3063
単4電池を載せてみました。怖いのは電池の逆接。
元はコネクタ付きの電池だったので+と-を逆につなぐことは
絶対ありませんでしたが、今回は電池BOXに電池を
逆に入れるとお高いカメラ基板がぼーん!なるかも。
なんせ回路を動かす電源が電池1本の1.5Vだから、
逆接対策にダイオード(0.7V電圧落ちる)なんて入れられません。

Img_3067
トレインスコープの受信機をUSBキャプチャ経由でPCに接続し、
早速単4電池で動くかテスト→見事に動きました。
(実は電池BOXの接触不良などいろいろありましたが…)

Pic_010734
これがトレインスコープTC-9からの受信画像そのものです。
結構鮮明でしょ?(アナログ時代のBS放送相当画質だそうです) 

Img_3066
早速ボディを被せると、なんと電池がボディと干渉。
後ろ半分の車体が浮いちゃってます。

Img_3144
そんなこと気にせずに試運転開始。
2両目と車体すそのラインがあってませんね。

010
これがACEカメラカー からの画像です。
LOFT周回レイアウト名物(?)の鉄橋を渡るところ。
下のなんとなく黒いところは車体です。
カメラ位置の調整がまだなので車体が写ちゃってます。

009
社員もおおはしゃぎで狭いLOFTを走り回って、
ACEカメラカーの前でVサイン。
厚いプラの窓ガラスがあるからでしょうか?画面が不鮮明。
ここまでの内容は↓にUPしてみました。

YouTube: トレインスコープTC-9に単4電池を載せてみた

Img_3146
少しでも鮮明にしようと、窓ガラス部品を外してみました。
カメラは中央なので貫通ドアの窓だけ外せばいいのですが、
部品構成の都合上、運転席の窓ガラスもなくなりました。

Img_3147
ついでに屋根板も外しアンテナを露出させてノイズを確認。
従来、走行電源と共有していたカメラ電源を今回は電池に変更。
これにより走行系のノイズがなくなることを期待していたのですが、
あまりノイズは減りませんでした。ひょっとしてアンテナの位置が悪い?
と思い、アンテナを外に出してみたものの…

007
アンテナの位置を変えてもノイズ、画質は変わりなし。
窓ガラスを外したぶん、多少は画質良くなったような
気はするけど、Aceの色が薄くて変だ。

Img_3145
結局ボディなしでも試してみましたが…

003
色が悪いのはLOFTが暗くて光量不足のようです。
最近のカメラならともかく、7年も前の製品だから
暗いCCDなのかな?

004
LOFTの照明(天井を照らすスポットライトです)直下でもこんな感じ。
線路がいい感じの茶色に見えますが、他の記事にあるように
TomixのワイドPCレールそのままだから、実際はグレーです。
でも、色はともかく、ガラクタだらけも置いといて、
自分が走らせるNゲージの前面展望できるのは楽しいです。

005
蛍光灯のスタンド直下だとこのように色鮮やか。
ワイドPCレールのグレーも8000系の赤色もばっちりです。

006
もちろん近鉄特急のオレンジとブルーもこのとおり。
信号機やヘッドライト、室内灯もいい感じです。
ACEカメラカーに超高輝度のLEDでヘッドライトを付けようと
計画中ですが、さすがにここまでは照らせないだろうな。
となると、LOFTの照明自体を大変更?!

色以外にも長いエンドレスを走らせていて対向車が1種類じゃ
つまんないので、対向車線の2~3列車同時運転も必要…
となると自動運転化をはじめとする電子工作計画の前倒しも必要で、
まだまだいろいろ楽しめそうです。